ワールド ファイナンス ガイド  
総合金融情報サイト
 
line decor
  
line decor

 
 
 
 
 
 

 

住宅取得資金贈与の特例

住宅取得のために、父母または祖父母(配偶者の父母・祖父母は除く)から資金援助を受けた際、 1,500万円までは贈与税が軽減される(550万円までは贈与税はゼロ)制度のこと。この特例を受けるためには諸条件を満たし、 税務署へ申告することが必要です。また、現在は、一定のマイホーム取得やマイホームの増改築のために 親から資金援助を受ける場合に、3,500万円までは贈与税の課税対象ではなく、親の相続が発生した際の 相続税の課税対象として精算される(相続税の心配がなければ3,500万円まで実質非課税)という 相続時精算課税制度もあり、「住宅取得資金贈与の特例」とどちらか一方を選択できることになっています。 ただし、「住宅取得資金贈与の特例」は、H17年12月31日をもって廃止される予定で、相続税の心配がある家庭については、 H17年までにこの特例を活用して、相続財産を着実に減らしていく方法を選択したほうがいいでしょう。




Copyright(c)2004-2009 World Finance Guide All Rights Reserved